頸部エコー検査

頸部にある血管(動脈)を超音波(エコー)検査します。
頸動脈は体表に近いところにあるため観察しやすく、検査を行うことにより全身の動脈硬化の程度を推測できると言われています。また脳に血液を送り込む血管で、これらに障害がある場合、脳の中の動脈がつまってしまうことによりおきる脳梗塞になる危険性が非常に高くなります。ベッドに横になり、小さな機械を首に当ててなでるだけで、痛みはありません。事前の食事制限等も必要ありません。

検査時間:10~15分程度

こちらは実際のエコー画像です。
上の写真は、顎部超音波検査の正常写真です。

・ECA:外頸動脈・ICA:内頸動脈
・RICA:右内頸動脈・ICA:内頸動脈

脳波検査

脳はその活動にともなって微弱な電気を出しつづけています。その電気的な活動を頭部につけた電極でとらえ、波形として記録します。けいれん、意識障害、てんかんが疑われるときなどに検査が行われ、また脳腫瘍などの診断に有用とされています。ベットに横になって頂き、頭皮にクリームを塗って電極を装着します。痛みはありません。

検査時間:20~30分程度

患者様に「臨床検査技師」の仕事について、もっと知って頂けたらと願います。宜しければ日本臨床衛生検査技師会のページも合わせてご覧下さい。

日本臨床衛生検査技師会のページはこちら

診療科目一覧に戻る