患者様・家族の視点に立ち、専門的な知識・
技術に心の調和する看護を目指します。

看護の究極の目的は、患者様を心身共により良い状態に近づけることにある。そして患者様自身で行うことが出来、生きていることの喜びを感じて生活できる様、援助を行っていく事が大事。その為、当院では…

・患者様の安全と保護・救命
・機能障害の利害・苦痛の穏和

を看護の目標と定め、患者様の現在におかれている状態を正しく把握し看護師、看護助手の役割を果たす事を理念とする。

専門性を高め、根拠に基づいた看護を提供します。
自分の行動に責任を持ち、安全な看護を実践します。

  • 根拠に基づいた看護の提供

  • ゆとりある治療環境の提供看護業務を随時検討し無駄を省く効果的な記録の見当

  • ベッドサイドケアの充実看護マニュアルの作成・活用個別性のある看護の提供効果的なカンファレンスの維持

  • 院内感染対策の推進

  • 褥創対策の推進

  • 医療事故対策の推進

  • 院外勉強会への参加

診療科目一覧に戻る